税理士とかなんとか・・・・

 

とても賢く利用してみるといい

以前までの税理士の報酬は税理士会の税理士報酬規程で、最高限度額が定められていたのですが、
税理士法改正が平成14年から施工されて、報酬規程は廃止になりました。

 

それによって、税理士の報酬額を自由に決められるようになってきたのですが、
今では各税理士や各税理士法人によってその報酬額は異なっています。

 

そして税理士の報酬は相場といったものがなくて、その場問題に取り組んで行くような時間や単価や事業規模や事務量によって異なっています。

 

そして、その中で平均、法人のときには顧問かは月3〜5万円そして、決算時には、20万円程度が平均なのです。

 

そしてほかには、記帳代行を依頼して行くときには、およそ月額顧問料の3〜4か月分が平均額となります。
そして個人のときには月2万円そして決算時には10万円が平均額です。

 

そして平均は異常で、やはり報酬の自由化のために各税理士により、額にバラつがあるのです。
そして詳しく知りたいといったことがあれば、実際に税理士事務所に問い合わせをしてみるといいです。そしていくつかの事務所へ問い合わせてみれば、平均も見えてくるのです。

 

税理士紹介 横浜

 

税理士

これからもますます役立ってくれることがある

平成14年まで税理士報酬期待がありましたから、最高限度額が決められて板のですが、
税理士側にとってとても悩ましいものであっても依頼をするような側では、
良い比較材料になっていたのですですが、税理士法改正で、
その最高限度額が廃止されて、税理士により自由にその報酬額を設定するようなことができて、
税理士が提示した報酬が高いのか安いのかといったことを比較するような材料がなくなってしまいました。

 

そして依頼をする側にとっては、いくらかかってくるのかといった不安要素ができたのです。そしてそうした不安をうまく解消して行くためには、依頼をするときには、税理士と報酬はいくらにしていくのかと言ったことをしっかりと話し合ってください。

 

そして事前にしっかりと明記しておくような必要性がありますが、その報酬額に納得してみて、契約を結んでいきましょう。

 

そしてもしも報酬についての話し合いがしっかりとされていないようなことがあれば、高額な報酬や斯うした金額になるとは思わないといった報酬に関してのトラブルが出てくるような状況がありますから、注意してください。

 

ピラティス インストラクター